OLのむくみ解消サプリ研究所

OLがむくみ解消サプリの効果・成分・口コミを調査しオススメを厳選!

むくみの予防・改善

顔とまぶたのむくみを即効で取りたい時の解消方法と予防法

2017/01/08

朝起きたら、顔がパンパン、まぶたが腫れている…。こんな顔やまぶたのむくみはメイクにも影響するので、すぐにでも取りたいものですよね。朝の嫌〜なむくみをできるだけ早く取るための簡単マッサージ方法と、朝むくまないように気をつけるべきことをまとめました。

顔やまぶたのむくみに効くマッサージ、予防のためにできること

まぶたのむくみを解消するには?

まぶたは皮膚が柔らかくて薄いために、顔の中でも最も水分が溜まりやすい場所です。まぶたがむくんでしまうと、二重が一重になったり、両目の大きさが違って見えたり、顔の印象が変わったりと、女性にとってはすごくナイーブな問題。

「一刻もはやくまぶたを元に戻したい」という時のために、温冷パックと洗顔時のマッサージを紹介します。

温冷パック

温冷パックは、まぶたに熱いタオルと冷たいタオルを交互にあてるものです。

まぶたのむくみを取る温冷パック

温かい刺激は血管を開かせ血流やリンパの流れを良くし、冷たい刺激は反対に血管をキュッと締めます。この温かい刺激と冷たい刺激を交互に繰り返すことで、血管の拡張と収縮が交互に行われて、血流が良くなります。

洗顔時ついでのまぶたマッサージ

洗顔時のついでに、まぶたに溜まっている水分が流すようにマッサージをする方法です。

洗顔時のまぶたマッサージでむくみをとる

マッサージといっても、まぶたを指の腹で、内側から外側に向けて何度も撫でるだけです。まぶたに溜まっている水分を集中的に刺激して、流れを促します。

このマッサージのいいところは、

  • 洗顔ついでなので、特別に時間を取る必要がない
  • 洗顔フォームでマッサージの滑りが良くなる

ということです。忙しい朝には大事ですね。

顔全体のむくみを解消するには?

まぶただけではなく、顔全体がむくっと腫れてしまうこともあります。まぶたに劣らず、顔全体のむくみも一刻もはやく解決したいところですよね。

むくんで丸くなった顔を少しでもはやく元に戻せるように、顔全体のリンパマッサージを紹介します。

リンパマッサージ

顔全体のリンパマッサージは、洗顔時に行うか、洗顔後に乳液をつける際に行うと、滑りが良く時短にもなるのでオススメです。

顔全体のむくみを取るリンパマッサージ

<顔のリンパマッサージ手順>

  1. 唇の両端下から、クルクルと小さな円を描きながら頬と目頭を通る
  2. 目の下を、目頭から目尻の方向へマッサージ
  3. 眉頭の上からこめかみに眉に沿うようにマッサージ
  4. こめかみから唇の下まで輪郭に沿うようにマッサージ
  5. 耳下から鎖骨・肩に向けて、首をマッサージ

なぜ、顔やまぶたがむくむのか?

朝だから

顔やまぶたがむくむのは、「朝だから」というのも大きな原因です。

朝になると顔がむくんでいるのは、寝ている間の水分移動で、上半身の、特に頭の方に水分が移動しやすくなっていることが挙げられます。起きて活動している時と違って、ずっと横になっているので、昼間に比べて夜間は圧倒的に頭に水分が移動しやすいのです。

そして、顔の中でも、特にまぶたがむくみやすいのは、「体内の過剰な水分は皮膚が柔らかく薄い箇所に溜まりやすい」という性質によるものです。まぶたの皮膚は、とても柔らかく薄いのです。

体内に水分があり過ぎるから

顔やまぶたは、朝にむくみやすいですが、誰でもそうなるわけではありません。もともと体内に抱えている水分が多い場合に、夜の間に水分が顔やまぶたに移動してむくむのです。

体内に水分が多いのは、塩分の摂りすぎや、運動不足による血行不良などが原因として考えられます。また、前夜にお酒を飲んだ場合にも一時的に水分が増えます。飲酒した時には、寝る前にガブガブお水を飲んで、排出しないまま寝ることで、朝むくみます。

顔やまぶたがむくまないように予防するには?

むくんでしまってからマッサージなどを行うよりも、むくまないように気をつけた方が得策です。朝のむくみを予防するために、気をつけるべきことは以下の通りです。

アルコール摂取時の注意点

飲み会の夜は、トイレに行ってから寝る

アルコールには利尿作用があります。そのため、お酒を飲んでいる時はトイレの回数が増えて、一時的に脱水状態になります。その後に、ガブガブと水分を摂りたくなるのは、脱水状態から抜け出すための脳からの指令で、とても大事なことです。

しかし、ガブガブ水分を摂って、体がタプタプになったまま寝てしまうのは、朝のむくみの原因になるので厳禁です。

顔やまぶたのむくみを予防するには、お水を飲んでも、トイレに行ってから寝ることが大事です。

お酒のおつまみは、野菜やフルーツに

お酒を飲んだら、ただでさえ翌朝むくみやすいのに、おつまみで塩っ気の多いものを食べた場合は、さらにむくみやすくなります、おつまみは、カリウム豊富な生野菜やフルーツにしておくということも、朝のむくみ予防の一つです。

塩分控えめの食事にする

塩分は、むくみを引き起こす原因物質です。普段の食生活で塩分多めの人は、常に体に過剰水分が溜まっている状態に。そのため、朝は顔やまぶたが、夜は足がむくみやすくなります。

スナック菓子、加工食品、インスタント食品、コンビニ弁当、調味料の使いすぎなどに注意する必要があります。

筋肉をつける

筋肉が少ないと代謝が下がり、むくみやすくなります。

代謝は、細胞に栄養素を届けたり、細胞から老廃物を回収したりする一連の働きですが、代謝には、栄養素や老廃物を運ぶ手段として細胞間質液が使われます。代謝が悪いと、細胞間質液もスムーズに流れずに増えてしまいます。

筋肉の量が多いと、代謝が良くなるので、細胞間質の増加も防ぎやすくなります。顔やまぶたに直接的に作用するわけではありませんが、むくみにくい体質にするには筋肉が必要です。

まとめ

  • 顔やまぶたは、朝起きた時にむくんでいることが多い
  • まぶたのむくみをすぐ取りたい時の温冷パックと洗顔マッサージ
  • 顔全体のむくみをすぐ取りたい時のリンパマッサージ
  • むくんでから対処するよりも、予防しておく方が断然良い
  • 飲酒で気をつけるべき、水分排出とおつまみの塩分
  • 普段から食生活では塩分控えめに
  • 筋肉の多い体になると、むくみにくい

と、まとめてみましたが、塩分多めの食生活や筋肉不足、運動不足といった問題は、改善したくてもなかなかできない人が多いのも事実です。

そんな場合は、補完的にサプリメントも取り入れてみましょう。

サプリメントは、塩分や余分な水分を体から追い出すカリウムや、血管に働きかけて血行を促進する各種成分体内の水分のめぐりを良くする成分が含まれ、むくみの予防・解消のためにパワーを発揮するので、忙しい人でむくみをどうにかしたい人にはオススメです。

>>サプリメントのオススメ、比較・特徴をまとめた記事へ

-むくみの予防・改善